1時間で効果がわかる脚を細くまっすぐにするレッスン

脚を細くまっすぐにする方法について書いていきます。

 

「脚をまっすぐにしたい」と考えられる方は美容目的の方がほとんどだと思いますが、美容以外の所でもたくさんのメリットがあります。

 

・スポーツ動作の向上

・怪我や痛みの予防

・肩こり 腰痛の改善

 

脚がまっすぐになることで、なぜこのような効果があらわれるのでしょうか。

 

脚がまっすぐなることで、関節の歪みが解消されます。

関節の歪みが解消されると、スムーズな動作ができるようになります。

また、下記でも述べますが脚がまっすぐになることで、正しい重心の位置でたてるようになるため、力の伝達が上手くできるようになります。

そのため、スポーツ動作や能力が向上されます。

 

また、怪我や痛みや凝りというのは、崩れた姿勢から身体の一部に負担がかかることで怪我をしやすくなったり、痛みや凝りが発生します。

 

脚がまっすぐになることで、身体がまっすぐになります。

身体がまっすぐになることで、一部に負担がかかるということがなくなるため、痛みや凝りが改善され、怪我の予防にもなります。

 

では、なぜ脚がまっすぐになると身体がまっすぐになるのでしょうか。

 

積み木を例に説明します。

積み木を積み上げていく際、下の部分がずれていると上の部分も傾いてしまい、崩れてしまします。

しかし、下の部分をまっすぐ積み上げると、上部も安定します。

 

人間の身体もこれと同じで、下部である脚をまっすぐにすることで上部も安定します。

 

そのことから、まずは足元を正すということが重要です。

 

以上のように、脚をまっすぐにすることで美容に加えて、上記のような効果がでます。

 

では、本題の脚を細くまっすぐにする方法について書いていきます。

 

 【脚が太くなる原因】

 

①脂肪の蓄積

②筋肉の肥大

③関節の歪みによる筋肉のねじれ

 

■脂肪の蓄積について

 

脂肪が脚に蓄積されることによって、脚が太くなるパターンです。

この場合、代謝を上げて運動をし、脂肪を燃焼させる必要があります。

脂肪の燃焼については下記の記事をご参照ください。

「脂肪を燃焼させやすくするには」

 

■筋肉の肥大について

 

脚の筋肉が肥大してしまうことによって脚が太くなるパターンです。

これは、日常の立ち方や歩き方といった動作が原因です。

 

立つ 歩く際に重心の位置で着地ができていないことが原因です。

 

例えば、つま先で歩いていただくとおわかりいただけると思いますが、太ももとふくらはぎに刺激が入ると思います。

そのため、つま先重心で歩く癖がついている方は、歩くたびに太ももとふくらはぎに刺激がいくため、常に筋トレをしているのと同じ状態になります。

それにより、筋肉が肥大していまい、脚が太くなってしまいます。

 

足の外側で着地をされている方は脚の外側が肥大してしまいO脚の原因になります。

同じ理由で、足の内側で着地されている方はX脚の原因になります。

 

無駄な筋肉を肥大させないためには、人間本来の重心位置で着地をすることが重要です。

重心位置とは、脛骨のちょうど真下でかかとと土踏まずの間あたりです。

 

下の図の赤丸の部分が重心位置です。

人間は本来、耳 肩 大転子 内踝が一直線上になります。

一直線になる際の、重心位置が上記の赤丸の部分になります。

耳 肩 大転子 内踝が一直線上にあると、人間は骨だけでも立てる構造になっています。

つまり、筋肉に負荷がかからないということになります。

 

しかし、この本来の状態からずれることにより、それを支えるために筋肉に負荷がかかります。

 

このことから、人間本来の重心位置で立ったり、歩いたりすることができれば筋肉に負荷がかからず、無駄な筋肉が肥大するということはなくなります。

 

さらに、肥大してしまった筋肉も重心で立てるようにすることで負荷がかからないようにすることで、縮小していくため徐々に脚は細くなっていきます。

■関節の歪みによる筋肉のねじれについて

 

先程の内容と共通するところがありますが、人間本来の動作と違った動作を繰り返すことで関節に歪みが生じてきます。

 

関節が歪むことで、筋肉にねじれが生じてきます。

 

この筋肉のねじれによって、脚が太くなってしまうというケースです。

 

雑巾を例に説明していきます。

雑巾をねじって絞ると太くなります。

これが、筋肉がねじれて脚が太くなっている状態です。

 

雑巾のねじれを解いて、まっすぐにすると雑巾は細くなります。

このねじれを解くという行為が、関節の歪みを解消するという行為にあたります。

 

 

関節の歪みを解消するために、身体調整という技術が必要です。

 

身体調整とは、関節と関節のかみ合わせを良くし、スムーズな動作ができるようになる技術です。

 

関節の歪みを解消することで、筋肉のねじれを解くことができます。

 

関節が歪んだままだと、上記の重心で立つことを意識しても立てないということにもなります。

そのため、まずは歪んだ関節を元に戻し、自然体な身体にする必要があります。

 

自然な身体に戻すために身体調整があります。

 

【まとめ】

 

脚を細くまっすぐにするためには

 

①脂肪を燃焼させる

②肥大した筋肉を縮小させる

③筋肉のねじれを解く

 

これら3つからのアプローチが必要です。