シェイプアップに必要な3つのポイント

腕を細くしたい 脚を細くしたい お腹をシェイプさせたいという想いから、食事制限をしたり、運動を行っている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

確かに、食事制限や運動を行い、脂肪を燃焼させることで細くなることもあります。

しかし、シェイプアップするために必要なことは、脂肪を燃焼させることだけではありません。

 

脚や腕が太くなる原因は主に3つあります。

 

①脂肪

②筋肉の肥大

③筋肉のねじれ

 

■脂肪について

 

脂肪が付きすぎてしまって、太くなってしまうケースです。

この場合は、脂肪を燃焼させなければいけません。

脂肪燃焼については下記の記事を参照ください。

脂肪を燃焼させやすくするには

 

■筋肉の肥大

 

筋肉が肥大してしまって、太くなるというケースです。

なぜ肥大してしまうのかというと、普段の立ち方や歩き方が関係してきます。

よくあるケースは、情勢がヒールを履いて歩く際に、つま先重心で歩いてしまっていることがあります。

 

つま先で立っていただくとわかると思いますが、太ももとふくらはぎに強い刺激が入ります。

 

つまり、つま先重心で立つ歩くという動作を繰り返すということは、太ももとふくらはぎの筋肉を肥大させる筋トレをしているのと同じことになります。

 

これを改善するためには、重心で立つ 歩くということが重要です。

 

★重心位置とは

 

ちょうど脛骨の真下で、踵(かかと)と土踏まずの間あたりです。

下記の図の赤丸の位置です。

上記の赤丸の位置で立つ 歩く動作を行うことで筋肉への刺激がなくなり肥大することはありません。

 

また、一度肥大してしまった筋肉も重心位置で動作していくことで小さくなっていきます。

 

■筋肉のねじれ

 

筋肉がねじれてしまうことで、太くなってしまうというケースです。

 

雑巾を絞るために、ねじると雑巾は太くなります。

そこから、ねじれを解いて伸ばすと細くなります。

 

筋肉もこれと同じで、ねじれると太くなってしまうため、ねじれを解かなくてはいけません。

 

ねじれをとるためには身体調整が必要です。

 

身体調整とは、関節と関節のかみ合わせを良くして自然な状態に戻す技術です。

 

普段の動作習慣によって、関節が歪んでしまっています。

その歪みを自然な状態に戻すことで、筋肉のねじれも解消されます。

 

上記の内容がシェイプアップに必要な3つのポイントです。

 

シェイプアップさせるためには上記の3つのポイントからアプローチする必要があります。

 

少しでも参考にしていただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

パーソナルトレーナー 石田俊介