グダグダな時間=子供が考える時間

5月14日の茨木北オークサッカースクールは下記のことを行いました。

■前半の部(5歳〜小学校1年生)
・高蹴りキャッチ
・1対1のボールの奪い合い
・ミニゲーム

■後半の部
・手つなぎ鬼
・1対1のボールの奪い合い
・ミニゲーム

最近のスクールでは、ミニゲームコートを子供達に作ってもらっています。
そうすると大半の子は遊びはじめてグダグダになります(笑)
グダグダにはなりますが、しばらく観察していると一人で懸命にコート作りを行う子や、遊んでいる子を注意する子、遊んでいた子が自ら気づきコート作りをはじめたりといろんな場面を目にすることができます。

完成するコートの形や大きさもぐちゃぐちゃですが、子供独自の発想やアイデアが見られてとても面白いです。

素早くきっちりやらせようと、すぐにコーチが口出しや手助けをしてしまうと子供独自の発想やアイデアがなくなってしまいます。

グダグダな時間=子供が考える時間と考えています。

このような理由から茨木北オークサッカースクールでは、グダグダな時間を重要視しています。

4月以降、口コミなどで体験に来てくれる子がたくさんいてとても嬉しく思います。

たくさんの子供が参加してくれることでより楽しいスクールになると思います。

体験参加に申し込み等は必要ありませんので、当日コーチ陣にお声掛けください。

メニュー欄の練習日程・場所の欄をご覧いただくと9月までの日程を記載させていただいています。

お気軽にご参加ください!